HIROKI DENTAL CLINIC 
ALL RIGHTS RESERVED 

※土曜日は13:00までの診療になります
※日曜日は17:00までの診療になります

旭川市7条通7丁目33-7 第6・7中島プラザビル1F
​駐車場:3台分完備:買い物公園を挟んで
Timesの隣,15,16,17番

​FAX 0166-23-1142

​一般歯科

むし歯の原因は?どうやって防ぐの?

むし歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれる、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が糖分やタンパク質を分解します。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かしてむし歯を作るのです。「歯みがきをしていないけど・甘いものをたくさん食べているけどむし歯がない」そんな人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

​歯質

歯質は一人ひとり異なり、むし歯になりやすいかどうかを左右します。歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることで、歯質を強化することができます。

​糖分

間食が増えると口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態が続きます。だらだら食いを控えたり、砂糖の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

​細菌

むし歯の原因となる細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物を活用したり、歯科医院でのメンテナンスで菌の塊である歯垢(プラーク)を除去しましょう。

むし歯は患者さんによって様々です。「比較的治療が簡単な初期(C1)」から、「抜歯が必要になるまで進行した状態(C4)」まで様々な段階に分かれます。特に大事なところは、「歯の神経を残せるかどうか」が、治療法の分かれ目です。「歯の神経」を取る場合、治療回数も数回かかり、神経を取った歯はもろくなってしまいます。ヒロキ歯科医院では、可能な限り「歯の神経」を残すように努め、痛みの少ないスムーズなむし歯治療を心掛けていますが、できることならむし歯を早期発見ができるよう、定期健診にも気を掛けてください。

痛みがなくなったからといって放置していると…

根の先に細菌と膿がたまって炎症が起き、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。まれではありますが、そこから全身に細菌が侵入する危険性もあります。まずは予防、なってしまったら早期に発見・治療を行いましょう。

​ブリッチ・被せ物(保険)について

むし歯などで、歯を削ったり、失ってしまった後の治療方法として、被せ物ブリッチという治療方法があります。


 

ブリッチとは
 

失った歯の両隣の歯を削って土台にして、橋を架けるように歯を補てんします。
機能が良好であるため、可能であればこの方法を採ることが多いという治療法です。

被せ物

白いレジン(プラスチック)を使用します。一部、保険診療でもハイブリッドセラミックレジンを使用できる場合があります。

歯科用金属での被せ物もありますが、ヒロキ歯科では金属アレルギーの問題があるため、昨今ではあまり使用しておりません。

※ハイブリッドセラミックレジンは、従来のレジンよりも丈夫な素材を使っているタイプなので、割れにくいのが特徴です。真ん中から4番目と5番目にあたる第一小臼歯と第二小臼歯に保険適用できます。さらに、金属アレルギーと診断された人に限りますが、真ん中から6番目と7番目にあたる第一大臼歯と第二大臼歯にも保険を適用することが可能となりました。

その他の診療はこちら

予防歯科(保険)
歯周病治療(保険)
セラミック治療(自費)
レーザー治療(保険)
一般歯科(保険)
口腔外科治療(保険)
義歯・やわらかい入歯(保険と自費)
ホワイトニング(自費)
もっと見る